池下政治塾 規約

平成29年 5月 1日制定

 池下政治塾では、市民の声を反映、既成概念にとらわれない政策を実行し、もって新たな住みよい街、人の集まる街、高槻を実現すべく人材を育成する。さらに政治塾卒業生の中から平成31年統一地方選挙において高槻市議会議員選挙に立候補できる人材を発掘するため池下政治塾を創設する。

第1条(総則)
本塾は「池下政治塾」と称し、事務局を大阪府高槻市内に置く

第2条(目的)
本宿は、池下卓を塾長とする政治塾であって、政治・経済・社会の抜本的な改革に向けて有為の人材を育成することを目的とする。

第3条(運営)
本塾は、政治団体「池下卓後援会」が組織する事務局をもって運営する。

第4条(選挙)
本塾は、人材育成に主眼を置いた組織であり、特定選挙において「大阪維新の会」「日本維新の会」の公認・推薦・支持・支援を塾生に約する組織ではない。また、本塾は特定選挙において公認・推薦・支持・支援を行わない。

第5条(塾生)
本塾の塾生は、その身分を有する期間において以下の義務を有する。
(1) 本規約の定めを十分に理解し、遵守すること。
(2) 本塾のカリキュラムに沿って講義に参加し、または講義の動画等を閲覧し、所定の期限までにレポートを提出すること。
(3) 受講料を所定の期限までに納入すること。
(4) 退塾する場合は、速やかに事務局へ通知すること。その場合、受講料は返還しない。

第7条(塾生及び卒塾生の義務)
(1) 本塾および「大阪維新の会」「日本維新の会」の許可なく、「大阪維新の会」「日本維新の会」の名称・画像等を政治活動・選挙運動における文書図画に使用しないこと。

第8条(規律)
塾生に虚偽の入塾申込、本規約への違背あるいは社会的非行がある場合、本塾は塾生に対して除籍措置を講じ、本塾は卒塾資格を抹消することができる。

第9条(受講料)
本塾の各期における受講料は、性別、年齢、社会的属性等において、事務局が別に定める。

第10条(委任)
本規約に定めなき事項は、事務局が別に定める。

第11条(改正)
本規約の改正は「池下卓後援会」の役員会の議決をもって行う。

付則 本規約は2017年(平成29年)6月1日に発効する。